So-net無料ブログ作成
検索選択

【284】未経験だった仲間 [即興小説トレーニング]

説明はこちら


 お題 :経験のないあいつ
制限時間:15分

タイトル:未経験だった仲間


「よ、よろしくお願いします……」
 いつもの場所に顔を出したところに、ちょうどそんなセリフ。
「おっすおっす」
「おっす」
「ばんはー」
「おいっすー」
「あ、こんばんは」
「ばんばんじー」
「ちょうどいいタイミングだ、お前もどうだ?」
「なんの話だよ?」
 いつものことだが、説明もなくさっきまでの話題に戻りやがる。
 といっても、お互い変に気を使っていない証拠のようなもの。こういう気楽なやり取りができるから、こいつらとの付き合いが続いているとも言える。
「あいつがまだアレを経験してないらしくてな」
「アレ?」
 そうして多少の説明を聞けば、ある程度のことは理解できた。
「なんだ、もう経験してたと思ってたが」
「未経験は周りも断るから、どうしてもできないらしくてな」
「それでいつものメンバーなら大丈夫かなって」
「なるほど、了解だ」
 了承を返して、言葉を続ける。
「それじゃ、行けるメンツは20分後くらいに現地集合でいいか?」
 あいつの初インスタントダンジョンへ。

  <あとがきという名の言い訳スペース>

 前にもこんなネタ使った気が。即興284品目。
 始まってからある程度経ったネトゲは、どうしても攻略情報頼りになりがちです。
 レアアイテム入手にレベル上げのために同じところを延々と、1回の時間を極力減らすためにはそうなってしまうのは仕方ないことです。
 でも、私はそういう状況になるとすぐ飽きちゃうんですよねぇ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。