So-net無料ブログ作成

【287】どう見ても組織票です [即興小説トレーニング]

説明はこちら


 お題 :神の多数決
制限時間:15分

タイトル:どう見ても組織票です


 神――それは人々の信仰によって生まれ、その信仰に合わせて力を持つ存在。
 多くの土地で様々な信仰があり、その一つ一つが神を生み出してきた。
 加護を受けた人間たちは生活範囲を広げ、やがて別の信仰を持つ人間たちと出会う。
 そうして人間同士の戦いが起こり、敗北した側は神を失い、勝利した側はより強い力を持つ神を奉じる。
 そうして、ほぼ全ての土地に何かしらの神の加護が行き渡った。
 自分を崇める人間たちが争いを控えるよう、神々は神々同士で話し合いをする機会を設けることにした。
 神の多数決によって、その話し合いはルールが決められていった。
 集まるのは年に一度である。集合場所は人間たちが日本と呼ぶ国である。と。

  <あとがきという名の言い訳スペース>

 そりゃ八百万もいますから。即興287品目。
 昔の呼び方で10月を神無月。その理由は日本中の神々が一同に集まる時だから。
 そして集まる場所――出雲では神在月とも呼ぶ。というのは、ある程度知られていることですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。